簿記2級の試験勉強は独学でできる|新たな道を切り開け

難関試験の合格方法

スーツの男女

通信教育という選択肢

公認会計士という資格は、医師試験や司法試験と並ぶ難易度であり、これらはまとめて三大難関試験とよばれます。非常に難関なので、公認会計士試験に合格しようとすると、短期で2〜3年、長くて10年かかる人もいます。そのため、どのような勉強方法を選ぶのかや、何年以内に合格するなどの目標を立てることなどが重要になります。一般的な勉強方法としては、公認会計士の基礎の基礎ともいえる簿記の勉強をある程度独学で行って上で、さらに専門的な勉強をするために専門学校を活用するというパターンです。そして、専門学校を活用するパターンも2つに分かれ、それぞれの校舎に通い詰めるパターンと、教材を取り寄せて通信教育も用いるパターンです。どちらも専門学校の教材や、試験上のテクニックを教授することが可能となるので、短期合格するには非常に有効な勉強方法といえます。

通信教育におけるポイント

専門学校に通い詰めるパターンにおいては、それぞれの科目の講師陣に直接質問することができたり、同じ受験仲間とコミュニケーションをとるのとによって情報交換やモチベーションを上げることなどが可能になります。ただ、公認会計士試験の受験勉強は、ほとんどの場合は長期間に及ぶので、授業料や教材費などの多くの費用がかかることは避けられません。この点、通信教育によると、専門学校に通い詰めるよりも費用を抑えることが可能になります。通い詰めることで得られるメリットの多くを享受することは難しくなりますが、現在では電話などで質問を受け付けている専門学校が増え、さらにネット上のコミュニティサイトなどで受験生同士がコミュニケーションを容易に取れるようになったことなどの背景もあり、通信教育によっても十分、通い詰める方法によるメリットを享受することが可能になってきました。公認会計士という難関試験に挑む際に、通信教育という方法を選ぶ際の一番のポイントは、どうしても孤独な状況が多くなりがちなので、コミュニティサイトを上手く使ってモチベーションを上げることだといえるでしょう。